アスベスト調査.NET::アスベスト調査レポート-2 【店舗ビルのオーナーからの依頼】

アスベスト調査ネット-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト建材データベース-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト調査補助金制度一覧-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
東京都環境局 アスベスト情報サイト
国土交通省 アスベスト含有建材データベース
主なアスベスト調査・検査・分析・鑑定エリア

東京都
足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 八王子市 羽村市 東久留米市 東村山市 東大和市 日野市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 武蔵村山市 昭島市 あきる野市 稲城市 青梅市 清瀬市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市 立川市 多摩市 調布市 西東京市

神奈川県
横浜市 川崎市 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 鎌倉市 相模原市 座間市 茅ヶ崎市 藤沢市 大和市

【店舗ビルのオーナーからの依頼】

そこは都内でも有数のおしゃれな街。
小さくても素敵なお店があちこちにあり、お金持ちのマダムが集うことで有名です。

それはさておき・・・

小ぶりな店舗ビルは鉄骨造が多く、その鉄骨には耐火被覆といって鉄を燃えにくくする為の吹付けが施されています。
言うまでもなくその吹付けこそがアスベスト調査の対象なわけですが、何かのきっかけでもない限り、営業中の店舗ビルのアスベスト調査が行われることはあまりないように思います。

もし調査して「それ」が見つかったりでもしたら、ビルのオーナーにとっては大打撃ですし、テナント(借りているお店)にとっても営業が一時的にできなくなる恐れがあるからです。

人が住んでいる共同住宅と違って、店舗ビルはどうしても経済面が優先されがち。
そんな店舗ビルでも、例えばテナントが出ていく時などが考えざるを得ないきっかけとなります。
このケースはそんな事情で依頼された調査でした。

貸す時の条件として
契約を解除して出ていく時に原状回復といって店舗を元の状態に戻すことになっていることが多いのですが、もともとがスケルトンといって内装など何もない状態だった場合、内装を全部撤去して裸の状態に戻さなくてはなりません。

そこで内壁を剥がし解体を始めた矢先、
「柱や壁に吹き付けられているこの物体はもしやアスベストでは!??」
・・・というわけで工事が止まり、オーナーがその疑いを晴らさない限り、危なくて工事を進められなくなったのです。

石綿含有ロックウール吹き付け材

オーナーとしてはただでさえ収入源のテナントが出てしまうばかりか、もしアスベストが使われていたりでもしたら、まさに踏んだり蹴ったり!

封じ込めや除去工事で多額の出費を余儀なくされてしまうかどうかの瀬戸際で、オーナーにとっては死活問題。

それこそお願いします的な感じで依頼が来るのですが、わたしにお願いされても分析結果は変わりません・・・トホホ。

個人的にはせめて私の調査する建物にはアスベストが使われていないことを祈っているのですが…。


提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所