アスベスト調査.NET::アスベスト調査の費用を国が全額補助!

アスベスト調査ネット-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト建材データベース-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト調査補助金制度一覧-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
東京都環境局 アスベスト情報サイト
国土交通省 アスベスト含有建材データベース
主なアスベスト調査・検査・分析・鑑定エリア

東京都
足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 八王子市 羽村市 東久留米市 東村山市 東大和市 日野市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 武蔵村山市 昭島市 あきる野市 稲城市 青梅市 清瀬市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市 立川市 多摩市 調布市 西東京市

神奈川県
横浜市 川崎市 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 鎌倉市 相模原市 座間市 茅ヶ崎市 藤沢市 大和市

な、な、なんと!
今月(2008年9月)17日にビッグニュースが飛び込んできました!
民間の建物のアスベスト調査にかかる費用を国が全額補助してくれるというのです!!
アスベスト調査への補助金は、今まで各自治体の補助金制度しかなかったのに、とうとう国が動いてくれることになりました。

しかも全額!!
(地方自治体の補助金はたいてい費用の1/3ぐらい。)

お〜、何という太っ腹な話しではないか、と思ったのですが…
対象が、ビルや工場などの大規模な民間建築物。
(調査未実施の対象物件数は約4万棟)

大きい建築物は人々に与える影響も大きいから仕方ないのかもしれませんね。
でも、中小規模の建物にも少しは予算を回してもらいたかったな〜。

とはいえ、アスベスト対策への一歩前進であることには違いありません。
とりあえず喜ばしいことです。


情報元:共同通信社 2008年9月17日 以下原文のまま
『 国土交通省は17日、ビルや工場など大規模な民間の建物のアスベスト(石綿)使用実態調査で、未実施の約4万棟の費用について国が建物の所有者に全額補助する方針を決めた。石綿の飛散による肺がん発症などの健康被害の拡大を防ぐため、本年度から3年以内の調査完了を目指す。

 費用は本格調査で1棟当たり20万−30万円程度。これまでは建物の所有者が全額か、行政から補助金を受けられる場合でも一部を自己負担しなければならず、所有者が調査要請に応じないケースがあった。

 同時に、国交省は安全で効果的な石綿の除去・飛散防止対策の確立に向けたモデル事業も始める。本年度は実態調査とモデル事業の費用を合わせ約10億円を、総合経済対策に伴う補正予算案に盛り込む方針。

 同省は都道府県を通じ、建物の所有者にあらためて調査を要請、所有者からの申請に応じてかかった費用を全額支給する。石綿の使用が分かれば、除去・飛散防止措置を求める。モデル事業の詳細は今後詰める。 』
【最新ニュース一覧 】

(13年08月24日)アスベスト調査の助成金制度一覧を平成25年度(2013年度版)に刷新
(12年10月03日)アスベスト調査の助成金制度一覧を平成24年度(2012年度版)に刷新
(11年08月05日)アスベストの資産除去債務を削減できます!
(10年11月12日)砂利(再生砕石)のアスベスト調査
(10年07月06日)助成金制度一覧を'10年度版に刷新
(10年05月22日)新たに東京都53施設にアスベストの使用が判明!
(10年04月22日)『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』に協力しました!
(09年05月10日)助成金制度一覧を'09年度版に刷新
(09年04月10日)速報:石綿則改正で船舶もアスベスト対象に
(08年09月21日)速報:アスベスト調査の費用を国が全額補助!
(08年07月15日)速報:学校などで大量発覚!トレモライト他3種
(08年06月20日)速報:JIS A 1481が改正されました
(08年05月02日)コラム:ゾノライトとミクライト
(08年04月30日)助成金制度一覧を'08年度版に刷新
(08年04月07日)速報:国交省のアスベストデータベースが新しくなりました
(08年02月15日)解説:トレモライト事件
(08年02月06日)速報:アスベスト6種類について厚生労働省
(07年07月10日)解説:本当は怖い成形板の解体
(07年04月05日)情報:無くならない違法解体に千代田区が全棟調査
(06年09月20日)解説:アスベスト規制が厳しくなりました

提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所