アスベスト調査.NET::アスベスト調査レポート 番外編その1 【処分に困っているPタイル】

アスベスト調査ネット-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト建材データベース-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト調査補助金制度一覧-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
東京都環境局 アスベスト情報サイト
国土交通省 アスベスト含有建材データベース
主なアスベスト調査・検査・分析・鑑定エリア

東京都
足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 八王子市 羽村市 東久留米市 東村山市 東大和市 日野市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 武蔵村山市 昭島市 あきる野市 稲城市 青梅市 清瀬市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市 立川市 多摩市 調布市 西東京市

神奈川県
横浜市 川崎市 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 鎌倉市 相模原市 座間市 茅ヶ崎市 藤沢市 大和市

【処分に困っているPタイル】

最近問い合わせで多いのがPタイル。
しかも困って問い合わせをいただくことが多くなってきました。

何が困っているかといえば、解体屋さんや産業廃棄物処理業者が引き取ってくれなくて困っているというのです。

数年前までならPタイルは特に問題なく捨てることができましたが、だんだんPタイルにもアスベストが含まれているという事実が業界で広まるに連れ、徐々に引き取りを拒否する一般産廃場が増えてきたのです。

この調査もまさにそんなケースで、依頼主は某業界No.1の巨大電気工事会社なのですが、工事で床材=Pタイルを剥がして持ち帰ったけれど、誰も引き取ってくれないということで困って相談の電話をいただいたのです。

工場に野ざらしになっている袋詰めのPタイルからサンプルを採取して、分析した結果、アスベストの含有は無し!・・・と、今回は無事一件落着となりましたが、同じようなケースがほんとに増えてます。

Pタイルは、日本中のビルなどの建築物、それこそいたるところに使われている床材なんです。
とくに古いビルやマンションには必ずといっていいほど使われてきました。

    ↓これです。あなたも当然見覚えありますよね?
Pタイル

いわゆる「Pタイル」というのはじつはシェアトップ企業のタジマの商品名が一般名になったもの。
正式には「コンポジションビニル床タイル」といって、他社製のビニル床タイルも普通Pタイルと呼ばれています。
ちなみに日本ではじめてプラスチックの床材を製品化したのは現在のタジマなんだそうです。

トップシェアのタジマのPタイルにはアスベストが含有されていたのはだいたい1986年ぐらいまで。
他社製もだいたい右に習えですから、年代的に1987以降ならまず心配いらないでしょう。

ただ注意しなければいけないのは、(タジマ以外の)ソフト巾木や、Pタイルの接着剤などにもアスベストが含有されていたものが存在するので油断は禁物です。


提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所