アスベスト調査.NET::アスベスト調査レポート-5 【プールサイドのビニル床材の接着剤調査】

アスベスト調査ネット-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト建材データベース-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
アスベスト調査補助金制度一覧-アスベストの調査と分析ならアスベスト調査ネット
東京都環境局 アスベスト情報サイト
国土交通省 アスベスト含有建材データベース
主なアスベスト調査・検査・分析・鑑定エリア

東京都
足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 八王子市 羽村市 東久留米市 東村山市 東大和市 日野市 府中市 福生市 町田市 三鷹市 武蔵野市 武蔵村山市 昭島市 あきる野市 稲城市 青梅市 清瀬市 国立市 小金井市 国分寺市 小平市 狛江市 立川市 多摩市 調布市 西東京市

神奈川県
横浜市 川崎市 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 鎌倉市 相模原市 座間市 茅ヶ崎市 藤沢市 大和市

【プールサイドのビニル床材の接着剤調査】

ビニル床へのアスベスト混入はよく知られていますよね。
そう、あらゆるビルにたくさん使われているPタイルやクッションフロアがそうです。

でも接着剤にもアスベストが含まれているのはあまり知られていません。

接着剤はアスベスト調査士にとってはなかなか手ごわい相手です。

接着剤だけ採取するのにひと苦労するというのがまず第一の理由。

そして第二の理由、これが重要なのですが、それは製造年代。

Pタイルそのものにアスベストが含まれていたのは1986年ぐらいまでが多いのですが、接着剤は2001年ぐらいまで含まれていた製品が多いのです。

ビニル床材が年代的にセーフでも、その接着剤が最近まで使われてたのですから調査員泣かせというわけです。

なかには今回の事例のようにプールサイドの滑りにくい(防滑性)ビニル床シートに使われている接着剤のように2005年(!)まで作られていたものもあるんです。

調査は床材を剥すことから始まって・・・

プールサイドのビニル床シート調査

床に付着している接着剤をこそぎ落としてゆきます。
ひ〜

プールサイドのビニル床シート調査2

今回使われている床材は、滑りにくいということで外部に使われる防滑性ビニル床材としてはトップブランドのタキロン製。
タキロンの床材にはこれまで一切アスベスト含有の事実はないのですが、それに使う接着剤「タキボンド」の一部にアスベストが含まれていました。

今回の調査結果は「白」、アスベストは含まれていませんでした。


話しは違いますが…
他に泣かされる調査としてはオフィスビルの床に使われているフリーアクセスフロアがありますね。
床を二重構造にする仕組みで、床下空間にコンピュータや電気の配線ができるようになっていて、古いビルをインテリジェント化するのによく使われた手法です。
それの何が難しいかと言えば、フリーアクセスフロアの調査よりむしろ、その下層に張られている下地の古いPタイルのサンプリング。
フリーアクセスフロアばかり目がいってしまい、古い床のほうに気が付かなかったりします。
   
おまけのプチ情報でした。


提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所